歯内療法外来

東京の歯内療法専門医

東京都八王子市歯内療法外来には全国から患者様がいらっしゃいます。ラバーダムと23倍の拡大視野を誇る実体顕微鏡を使用することにより、いままで「見えないことが欠点」だった根管治療の技術を劇的に改善しています。診断が難しいケースではCT撮影を行います。2800症例を超える実績と顕微鏡を使用して17年になる根管治療専門医が治療を担当するため、安心して治療が受けられます。歯根破折、穿孔、ファイルの折れ込みなどの難症例にも最適な処置を選択し、適切な対応が可能です。

ラバーダムは100パーセント使用。CT診断と顕微鏡を使用する根管治療

「歯内療法外来」は、「歯内療法、根管治療は専門性の高い医院で治療を受けたい。」あるいは「歯内療法の治療を受けたいがどこに行ったらいいか分からない。」 そういった患者様を積極的に受け入れるシステムです。ラバーダムと23倍の拡大視野を誇る実体顕微鏡を使用することにより、いままで「見えないことが欠点」だった根管治療の技術を劇的に改善しています。

治療を成功させるために最も欠かせない要素は「ドクター」

2800症例を超える実績をもつドクターが行なうため、安心して治療が受けられます。難症例にも最適な処置を選択し、対応が可能です。

 

さらに詳しく

さらに詳しいご説明は下記のリンクで行っています。

歯内療法外来ホームページへ

コメントは受け付けていません。